自由の果て

バイクで辿り着いた先にあるもの

06/17(日) 長野県/ビーナスライン(535km)

 旅の始まりは、いつも突然だ。純粋な好奇心を満たしたいという思いで始まる。今日の目的地は長野の「ビーナスライン」だ。

 ビーナスラインとはよく聞くが一体どんな所なんだろうという思いがあった。また以前、福井・石川の北陸旅は無事に行けたし、行った時に中央道で諏訪周辺は通ったので、そのあたりなら日帰りでも大丈夫だろうという適当な判断で出撃を決断。

 当日は寝坊せずに、朝7時半ごろに起きて出発。諏訪湖手前までは休憩を含めて3時間強で行ける。さて、いざ着いてみると本当に絶景だった。 

f:id:john_bike:20180701000007j:plain

 自分はどちらかというと海岸線を走る方が好きなのだが、2000m級の高原を走るのも素晴らしいなと山派の意見を見直した。メチャクチャ天気も良くて、程よい温かさで絶好のバイク日和だった。

 ビーナスラインは結構長い道で全長76kmもある。全部が全部、絶景区間である訳ではなく、本当に山道でクネクネした1車線の林道的な道が続いている所があるのも覚悟をする必要はあるのだが、それでもバイク・車の運転が好きな人なら本当に行ってみると良いと思う道だった。

f:id:john_bike:20180701000057j:plain

  帰りはまた中央自動車道が事故渋滞で、本当に地獄でどっと疲れてしまったが、この旅でまただいぶ英気を養えたと思う。

  • 本日の走行距離: 536km
  • 走行時間帯: 07:30~19:30

06/12(火)ゲルザブとニーグリップパッドと環八と(98km)

 そろそろ「ケツが痛い問題」について何か手を打ちたくて、ゲルザブという商品を買ってみた。ゲルが内蔵されたクッションで、シートに巻き付けて上から座る形式の物だ。素材のゲルがクッション性を増加させ、ケツの痛みを和らげてくれるらしい。

  とりあえずシートに付けてみて、いつものゲートブリッジ、羽田、環八あたりを一周するルートで試用したのだが、「まあ、ちょっとはマシか・・・?」という感じで正直、劇的な変化は感じない。ケツが痛くなり始めるまでの時間は確かに長くなった気はする。ただし、これは2時間半も休憩せずに運転し続ける自分の乗り方も悪くて、そりゃあ2時間半乗ってりゃ、ケツだって疲れるだろうって後から思った(笑) また違う乗り方で試したい。

 ついでにもう一個。保護シートをサイドに張った。ニーグリップする位置に張りつけた。そしたらこれは効果ありありな感じになった。

 厚さは2mm程度なのだが、だいぶニーグリップ感に違いが出て、付けて無い場合と比べて滑らないし、結構強く挟めてバイクがより安定する気がする。見た目は気にするな。いかに自分が気持ちよく乗れるかで勝負するのだ。

  • 本日の走行距離: 98km
  • 走行時間帯: 22:00~25:00

06/03(日)東京外環自動車道 ~千葉区間~(227km)

 本当は静岡に行く予定だった日。ただ、当日は寝坊をしてしまって、起きたら12時だった。午後からでも行けなくはないが、流石にこれから静岡はちょっと・・・という距離。

 しかし、バイクには乗りたい。どこか行くところを考えていたら、そういや昨日(6/2)の夕方に外環道の千葉区間が開通したというニューをやっていたので、外環道を走ってみる事にした。大泉インターまでは下道で行って、そっから千葉方面に抜けるルートを計画。

 正直、外環道は大して走った事がないので、便利になった感もまるで分らないが、何やらいろいろと最新技術が取り入れられてるらしい感はあった。ただ、ブルーのペースメーカーライトはちょっと眩しすぎる気もした。まだ全然車は多くなかった。千葉区間はあっという間だった。

 外環道を終えたらら市川サービスエリアで晩御飯を食べた。せっかく首都高にも乗ったのでいつも通りグルグルして帰路に着いた。首都高以外の高速を乗ると何か小旅行した気になれるものだ。

  • 本日の走行距離: 227km
  • 走行時間帯: 15:00~20:00?

05/31(木)まとめ(XXXkm)

 だいぶ日記をさぼってしまっていた。相も変わらずシコシコと夜の首都高とかに繰り出している日々だが、あえて特記するなら6カ月点検を迎えたのだ。特に指摘される不備も見つからなかったのだが、実に6カ月点検の時点で9000kmも乗ってしまっていたらしい。俺どんだけバイクにハマってんだろ(笑)

 5月は思い出せる範囲のハイライトで。

  • 05/09(水) 102km: その辺
  • 05/15(水) 52km: 6カ月点検
  • 05/21(日) 72km: 6カ月点検戻り
  • 05/24(木) 198km: 首都高
  • 05/29(火) 162km: 湾岸、環八

05/04(金)高尾山/20号線⇒16号線⇒17号線(123km)

 バイクはつい先日二日で1200km走って疲れていようが、その数日後にはまた乗りたくなる不思議な乗り物である。GW後半では、本当は東北辺りを走ろうかと思っていたのだが、ちょっと仕事関係で色々とやりたいことがあった為、計画はまた次回に持ち越し。

 そういえば、あんまり東京の西側は走った事がないなと思って、今日は夜フラッと新宿あたりに行った。そしたら青看板に「八王子 39km」とかいう標識を見つけてしまって、何か運命を感じたので真っ直ぐ走ってみた。そしたら、なんと高尾山に着いたのだ。

 あとから調べたら、20号線はどうも長野まで続いているらしい。下道で長野ってどうなんだと思うが、それはそれで楽しいかもしれないので、ちょっと記憶に留めておきたい。

 帰りは同じ道を走ってもしょうがないので、16号線と17号線という分かりやすい帰り道を見つけたのでそれで帰った。16号線から254号線での分岐でも帰れたのだが、254号線は東京都内は大してバイパス化されておらず、ひたすらダルイ気がしたので17号線にした。17号線は周りの車がビュンビュン飛んでて良い道だった。

 いずれにしても、今日走った道はこんな夜中以外には絶対混んでるので走りたくない道だろうが、夜走るのだけはやっぱり楽しい。都内に限るが都内はどこ行っても明るいので割と安全。八王子は結構暗かった気がするけど。 

  • 本日の走行距離: 123km
  • 走行時間帯: 23:30~03:30

04/30(月)北陸ツーリング2日目/千里浜なぎさドライブウェイ(651km)

 北陸の旅2日目。朝6時半に起床し、朝食はホテルでバイキング。8時に出発。今日は石川県に向けて走り出す。前から能登半島の海岸線沿いは走ってみたかったのだ。

 また、「千里浜なぎさドライブウェイ」というのを会社の同僚に教えてもらったので、そのあたりが一応の今日の目的地。千里浜なぎさドライブウェイとは、日本で唯一海岸線の砂浜波打ち際を走れる道路らしい。舗装された道路じゃなくて砂の上を走る事が出来る。

f:id:john_bike:20180505163658j:plain

  着いてみて、ああこれは最高の道路だと確信した。これでテンションが上がらない訳がない。バイクはもとより、車好きな人は一度は行くべきな場所だ。 (バイクのスタンドが埋もれて、倒れそうになったのは内緒だ)

 途中の「のと里山海道」という無茶苦茶良い道もあって気分は最高。石川県の人は羨ましいなあとか思って、そのまま自分も永住したくなってきたが、そろそろ帰らねばならない。帰路は北陸道上越道 ⇒ 関越道 ⇒ 外環道 ⇒ 首都高のルート。

  総括として、まずほとんど身一つで行ったが、ガソリンさえあれば何とかなる。また、YZF-R3での高速走行は特に不安要素はない。8時間ちょいは掛かるが600kmの距離は全然無理な距離でもない。そして、行こうと思えば行けるという思いが、ついに確信になった。色んな思いが弾け飛んで吹っ切れた旅。またこれからも旅したい。

  • 本日の走行距離: 651km
  • 走行時間帯: 08:00~20:00

04/29(日)北陸ツーリング1日目/東尋坊(601km)

 今年のゴールデンウィーク(GW)は、必ずどこかには行こうとずっと思っていたが、行先は全然決まってなかった。結局、未計画のままGWに突入してしまい、さあどうしようかとか土曜に考えて、じゃあ日本海を見に行こうと思った(適当)

 計画を立てる事は苦手中の苦手な事なので、一応の目的地を福井県東尋坊と決めて、宿を現地で決めるよりは良いだろうと思って宿の予約、あとは乗る道の確認ぐらいの3つは最低限やった。

 距離にして600kmだが、当然一日でそこまで走った経験は無い。若干の不安はあるものの、何とかなるだろうと勢いで出発。出発は朝の6時。行きは首都高 ⇒ 中央道 ⇒ 名神道 ⇒ 北陸道の真ん中を高速で突っ切っていくルート。

 正直、中央自動車道の変わらない景色が一番の苦痛だったが、YZF-R3は優秀で他は全然苦にならない、小まめに休みさえ取ればなんとかなるというのが結論。お尻が正直痛くなったがおそらく座り方が悪いので何か改善の余地がある。

  東尋坊についたのはちょうど3時。先に海鮮丼のお昼ご飯を頂いて東尋坊めぐり開始。

f:id:john_bike:20180505162346j:plain

 わりと人は多かった。また、もっと崖崖してるのかと思ったら、案外大した事はない。自殺の名所のイメージが先行し過ぎていて肩透かしを食らった気分だった。

 東尋坊以外に予定は立てていない。しかし、ホテル直行は少しもったいないので温泉に寄り道。日本海に沈む夕日を眺めて浸かれる温泉は大変気持ちが良かった。疲れが一気に吹き飛んだ。

f:id:john_bike:20180505162610j:plain

 ホテルは東尋坊近くの福井県内の所で一泊。明日は石川県に寄って帰路に着く予定。(明日の日記に続く)

  • 本日の走行距離: 601km
  • 走行時間帯: 06:30~19:30